お知らせ

news

骨粗しょう症なぜ女性に多いのか? ~骨粗しょう症による骨折~

 

前回の骨粗しょう症の記事はいかがでしたでしょうか?

今回は、骨粗しょう症による骨折等のリスクなどを書きたいと思います

 

骨粗しょう症になると、骨がスカスカになってしまうことは前回の記事にも書きましたが

スカスカになってしまった骨は、正常な密度の骨よりもろくなってしまいます

                        

骨粗しょう症の症状としては

・背が低くなる

・腰や背中が痛む

・腰や背中が曲がる

・わずかな衝撃でも骨折してしまう    などがあげられます

 

           

 

わずかな衝撃での骨折とは

転んだときはもちろんですが、くしゃみや咳、座ろうとしたとき、手をついたときなどの

ちょっとした日常動作や、自分の身体の重みを支えられずに骨折してしまいます

 

 

骨折しやすい部位としては

・背骨(圧迫骨折)

・肩のつけ根(上腕骨)

・手首

・太もものつけ根(大腿骨)

などがあげられます

 

さらに

背骨の圧迫骨折がおこると、より前かがみの姿勢になってしまいます

すると、上半身の重みで背中や腰の骨にかかる力が大きくなってしまい

再び骨折を起こす原因となってしまいます

 

過去に背骨の圧迫骨折を起こしたことがなく、初めて圧迫骨折を起こす人の割合は3.6%に対し

背骨の圧迫骨折が1か所で起こった人は、

1年以内に再び骨折する割合が11.5% およそ10人に1人

2か所で骨折が起こった人は、

1年以内に再び骨折する割合が24.0% およそ4人に1人

が再び骨折するという報告もあります  (圧迫骨折を起こしたことがない人に比べて6.5倍)

 

つまり骨折は、さらなる骨折の危険性を高めるということになります。

 

 

 

さらに骨折による弊害はほかにもあります

厚生労働省の調査によると

介護が必要となったの12.1%の人が、

骨折や転倒による身体の痛みや、寝たきり、関節疾患などが原因であると報告されています

 

介護が必要となった例として

・背骨の圧迫骨折による痛みや、神経症状などにより身体機能の低下

       →外出意欲の低下、日常生活動作能力の低下 など

・太ももの付け根の骨折後、痛みと筋力の低下による歩行機能の低下

       →寝たきり、認知機能の低下  など

 

などがあります。

 

つまり骨粗しょう症は

骨折しやすくなるだけではなく、

身体機能の低下や、生活水準の低下などに発展する可能性がある病気です

 

そうならないために

予防・早期発見・早期治療を柱に

よりよい生活を獲得しましょう

 

 

次回は

骨粗しょう症発見のための検査と、骨粗しょう症の治療方法の例を書きたいと思います

 

 

さいじょうクリニック

マネージャー淺井

さいじょうクリニック

大阪市都島区都島南通り2-14-25

診療時間/午前9:00〜12:30、午後4:00〜7:00
休診日/水・土曜日の午後診、日曜日、祝日

COPYRIGHT さいじょうクリニック. ALL RIGHT RESERVED.